ADHDサプリならコドミン!リアルな口コミだけをまとめてみました!
*

コドミンが飲めるのは何歳からですか?

「小さい頃からうちの子は落ち着きがないな…」
「また先生から学校で注意されたみたい」とお悩みの親御さんたち。

そんな親御さんたちがお子さんたちを心配して「もしかして…」と考える可能性がADHDです。

ADHD…(注意欠陥多動性障害)
不注意 集中力が続かない、気が散りやすい、忘れやすい。
多動性 じっとしていられない、落ち着きがない。
衝動性 思い立つとよく考えず行動に移してしまう。

ADHDは生まれながらに周りのお子さんたちと少し脳の発達に“差”が生じています。
例えば、空気を読むことが苦手なのでコミュニケーションが取れず、
お友達とすぐケンカになってしまったり、
授業中じっと先生の話を聞けず授業を妨害してしまったりと
本人は悪気がなくとも周りの大人には明確に周りのお子さんとの“差”が目立つのです。

ただ、お子さん本人は自覚がないことがほとんどなので
親御さんがいくら叱っても「どうして怒るんだろう」と
お子さんは感じてしまい解決しないまま
親御さんが「自分の教育が悪いかもしれない」と
ストレスを感じて悩んでしまうことが多いのです。

そんな中で親御さんはADHDの存在を知ります。

ADHDはお子さんの約3%~5%が患う発達障害なので
珍しくなくなっています。

「ADHDかも…どうすればよくなるのか」と
お悩みの方にはADHD改善サプリメント「コドミン」がオススメです。

コドミンはホスファチジルセリンというお子さんの集中力や記憶力、
行動の落ち着きをサポートする成分を1粒あたり100mg配合しています。

多くのADHDの症状に悩まされていたお子さんや親御さんたちが
「コドミン」を飲んで効果を実感したと口コミを残しています。

しかし、幼いお子さんをお持ちの親御さんには
サプリメントの安全性は注目したい点です。

今回はADHD改善サプリメントが何歳から
飲めるのかについてご紹介していと思います。

まずコドミンは医薬品ではなく栄養補助食品なので
副作用や体への害は一切ありません。

さらに年齢制限などもありません。

何歳でも錠剤型のサプリが飲める年齢であれば飲ませることは可能です。

しかし、錠剤が飲めるようになるのが個人差はあっても
4~5歳くらいからと言われているので、
乳児など3歳以下のお子様には向いていません。

もし3歳から5歳までのお子様に飲ませたい場合は必ずそばについて、
目を離さないようにし、たっぷりの水と一緒に飲ませるようにしてください。

コドミンは4歳のお子さんから飲んでいただけるので
症状が気になりだした頃からすぐ飲ませられて体への負担も一切ないので安心ですね。

<コドミンのさらに詳しい詳細はこちらから>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です