ADHDサプリならコドミン!リアルな口コミだけをまとめてみました!
*

コドミンとリパミンPSを比較してみました!

ADHD…(注意欠陥多動性障害)
不注意 集中力が続かない、気が散りやすい、忘れやすい。
多動性 じっとしていられない、落ち着きがない。
衝動性 思い立つとよく考えず行動に移してしまう。

こういった言動は小さいお子さんにはありがちなことですが、

ADHD患者は4~5歳くらいになっても改善されず、
周りのお子さんたちが成長していくなかで目立って落ち着くがなかったり、

かんしゃくを起こしやすかったりする場合にはADHDが疑われます。

ADHDはお子さん本人だけでなく、親御さんも教育の仕方や試行錯誤が

必要で揃って悩まされしまうことが多いのです。

そんなADHDの疑いがあるお子さんに効果的なサプリメントが最近注目されています。

それが副作用や体への負担のない、国内優良工場でのみ作られているサプリメント

「コドミン」です。

今回は人気の「コドミン」と同じADHD改善サプリメント「リパミンPS」の

それぞれの効果や口コミ、どんなお子さんにオススメなのかを比較していきたいと思います。

効果について比較!

コドミン…ホスファチジルセリンを含む栄養補助食品です。

ホスファチジルセリンは脳への血の巡りをよくし、

脳細胞を活性化させる作用があり、お子さんの集中力や記憶力、

落ち着きをコントロールしてくれる効果があります。

即効性はありませんが、持続的に服用することで徐々に

症状が改善されてきたという口コミが多く聞かれています。

リパミンPS…コドミンと同じくホスファチジルセリンを含むようです。

子どもの落ち着き、集中力、衝動性の制御をサポートしてくれます。

どんな口コミが書き込まれてる?

コドミン…「学校で先生に注意されたり友達とケンカすることも多かった。コドミンを飲み始めてから徐々に少なり、学校に楽しそうに通うようになりました。」

「朝起きられなかったり、忘れ物が多くてイライラしてしまい怒ってしまうことが多かったのにすっかり無くなりました。」

リパミンPS…「先生からも「最近落ち着いてきましたね」とのお言葉があり、

涙が出るほどうれしかったです。

何よりも息子本人が「自分はできるんだ」という自信がついてきたようで親としても本当にこのサプリを買って良かったなー、と実感しました。
これからも続けて行きたいと思います」

どんなお子さんにオススメなのか?

コドミン…落ち着きがない・集団行動が苦手・かんしゃくを起こしやすいなどといった

不注意・多動性の症状のあるお子さん。

リパミンPS…不注意が多いお子さんや衝動を抑えられないお子さん

参考サイトコドミン公式サイト「https://mpj.jp/shopping/lp.php?p=kodomin

参考サイトリパミンPS公式サイト「http://www.kensup.co.jp/lp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です